生花とは

葬儀のお花、供花とは、一般に「仏または死者に花を供えること。また、その花。」のことを指します。読み方は「きょうか」。「くげ」と読ませる場合もあるそうです。一般にはお葬式の祭壇の両側に置かれることが多いです。

ちなみに「献花」は無宗教葬などで祭壇に備える一輪の花のことです。
「花輪」は開店いたお店の軒先に飾られているもののお葬式版です。

生花」は、宗教を問わず、お供えとして使えます。

自分で持参しても、葬儀社や花屋などに頼んで手配をしてもよいでしょう。
白黒や黒のリボンをかけたり、水引きをかけたりします。
原色の生花は、避けるのが普通です。通夜の日の午前中に、間に合うよう手配します。

キリスト教の場合の供花は、教会に持ち運ぶことができるように小ぶりの籠に入れたものなどが多いようです。
教会に持って行くことができるように、花束の形のものを贈ることもあります。

仏教で良く用いられる白い菊は、キリスト教ではあまり用いられません。また、造花や花輪なども用いず、生花のみを供花として使用します。百合、小菊、スプレー菊はアレンジの中に取り入れられることがあります。なお、バラの花は棘があるため用いません。