火葬のみ

お葬式をおこなわず、火葬のみをとりおこなうことを直葬(ちょくそう)といい、身内だけでお葬式をおこなう家族葬や密葬とは異なります。
葬儀を行うことへの疑問や、親族がほとんどいない、費用をかけたくない、故人や喪家の信念など、いろいろな理由から直葬を選ばれる方がいます。

直葬だからといって、故人への思いや心がないというわけではありません。火葬の際にお寺さんにお経を読んでもらうこともできますし、まったくの無宗教で行うこともできます。

ただ、利益が少ないからという理由で直葬(火葬のみ)の仕事を引き受けない葬儀社も多かったり、お寺のお墓を持っている場合は注意が必要だったりします。先祖代々のお墓を持っている場合、お寺に相談しないで直葬(火葬のみ)を行うのはやめたほうがよいでしょう。

また御遺体のとりあつかい方や、葬儀費用の説明の仕方などその葬儀社の担当者のレベルが、かならず反映されますので、後で後悔しないように、ちゃんとした葬儀社を選びましょう。