葬式での親族のマナー

親族・身内の葬儀に参列する場合は、一般の弔問客とは何かと立場が違ってくることがあり、守らなければいけないマナーがいくつかあります。

葬式では、親族でしたら 供花や供物を供えるのがマナーです。供物にするのか、供花にするのかといったバランスなどについてもよく身内で話し合って決めておきましょう。

遺族は正装になりますが、親族は遺族を超えてはなりませんので略式で十分です。

親族とはいえ香典は必要です。故人の関係や縁などを考慮して包みます。

あなたが遺族とは遠い親族であっても、弔問客には喪家側として対応するようにすることがマナーとして大切です。
親族席に座る以上、弔問客からは あなたと遺族との関係は分かりませんので
親族としてきちんと挨拶するなどの対応を心がけましょう。