今さら聞けない!お葬式の見積もり事情

葬儀社に葬儀を依頼する際には、まず見積書を出してもらい、予算検討をしましょう。
葬儀社選びの段階では、見積書を複数の葬儀社から取り寄せることができますから、比較して検討することも必要です。

葬儀にかかる費用は、一般に、「葬儀一式(葬儀本体)費用」「寺院費用」「飲食接待費用」の3種類に大別されます。

葬儀社の見積書は「葬儀一式(葬儀本体)費用」だけ、が基本です。内容が、葬儀社が直接提供する物品、作業・サービスだからです。

「飲食接待費用」は別途見積になります。葬儀社が自社で提供するのではなく、専門の料理屋やギフト業者に仲介発注するものであることと、会葬者数によって手配する数量が流動するためです。

「寺院費用」は見積書に記載されません。「寺院費用」の内容は、お坊さんなど宗教者やお寺への布施(俗に「読経料」「授戒(戒名)料」とよばれるもの)で、通常、葬儀社は関与しない費用だからです。ですから、別途、お寺や住職、教会などと相談する必要があります。

あくまで、その時点での喪主・遺族の希望や予定に基づく参考的な費用見積ですが、見積書を取るときには、葬儀社が直接請け負い提供する「葬儀一式費用(葬儀本体費用、葬儀関係費用)」だけでなく、葬儀会場施設の使用料や火葬にかかる費用、「飲食接待費用」などについても、あわせて見積もりしてもらうようにしましょう。