友人葬

「友人葬」は一般名詞で「友人が集まってするお葬式」のことですが、現在では創価学会の営むお葬式を意味しています。 創価学会儀典部と喪家の遺族、親族が中心となり御題目を唱え故人の冥福を願うお葬式です。

僧侶を呼ぶことがなく、そのためお布施の用意や戒名が必要ないといわれています。僧侶の代わりに友人代表が儀典長として導師の代わりを担っています。一般的な葬儀とあまり変わらないようですが、数珠を使用しないとか、名目だけの香典を持参しないように推奨するなど、異なっている点も多くみられます。
一般会葬者は創価学会の信者のみと限定することはありませんので、どなたがお越しになっても問題はありません。納骨墓地も創価学会ならではの決まりがありますので、確認しながら葬儀の準備をしたほうが無難でしょう。