葬儀の流れ

葬儀というとほとんどの人が、通夜からお葬式・告別式のことを思い浮かべますが、葬儀を執り行うご喪家・ご遺族にとってはそれだけが葬儀ではありません。

一般的な葬儀の手順としては

1 通夜・・・「夜伽 ヨトギ」とも言われ、夜を徹して故人を見守ります。故人と過ごす最後の夜となりますので、ゆっくりとお別れをする大切な時間となります。(その後、葬儀に参列するご親族の人数、食事の数、火葬場へご同行される人数など、最終確認を致します)親族・参列者着座 → 導師入場 → 開式 → 読経 → 焼香 → 導師退室 → お別れ~ 通夜振る舞い

2 葬儀・告別式・・・葬儀とは死者をこの世からあの世へと送り出す宗教的儀式であり、告別式は会葬者が遺族にお悔やみと慰めの言葉をかけ、故人とお別れをする儀式です。親族・参列者着座 → 導師入場 → 開式 → 読経 → 弔辞・弔電 →
焼香 → 導師退室 → 閉式 → お別れ 出棺

3 火葬(荼毘)・・・収骨は二人1組になり、足元の方から順に骨壷へ納めていきます。
お骨を収めるのに箸を用いますが、この箸と三途の川の橋とかけ、故人を無事にあの世(三途の川の向こう側)に渡してあげようという想いから来ていると言われます。

4 初七日法要・・・本来はご逝去日から数えて7日目に行う法要です。火葬場からお戻り後、遺骨・位牌・遺影を法要祭壇にご安置して、還骨供養と共に初七日法要を行います。

5精進落し・・・故人ゆかりの方々や、葬儀でお世話になった方を、精進落しの料理とお酒などでもてなします。
元来は魚や肉を食べずに精進した中陰(四十九日まで)の期間に区切りをつけ、日常生活に戻る事から「精進落し」と言われ、魚や肉などの”なまぐさもの”が出されました。