供花とは

「親族代表として供花を贈る」
普段は使わない言葉ですが、葬式ではよく使います。
故人に供える花で、死者の霊を慰めると同時に、会場を飾る意味合いもあります。

・仏教では、百合や菊、デンファレ、カーネーションなどの花がよく利用され、派手な色ではなく、白など落ち着いた色合いのものを選びます。基本は生花ですが、近年はプリザーブドフラワーなど造花を使うこともあります。

・神道での葬儀、神葬祭では、仏教の葬儀と同様に菊や百合などが用いられ、なかでも白い菊の花は頻繁に利用されます。本来神道では榊が贈られていましたが、現在は喪主である祭主が榊を供え、他の人は花を供えるという形式になっているようです。

・キリスト教では、仏教で一般的な白菊はあまり見られず、百合やカーネーション、小菊やスプレー菊などが用いられます。キリスト教では生花が基本となります。また、キリスト教には特徴的なアレンジメントとして、クロスとハートがあります。

供花は親族でなくても贈ることができるので、 手軽かつしっかりと弔意を示すことができる方法です。