葬式の日程とは

葬儀・告別式の開始時間の目安・・・開始時間に幅があり、10時から15時の間に執り行われるようです。 集合する時間は、通夜式と同じく、遺族や親族は1~2時間前に、参列者は20分前には現地へ到着しておきましょう。
開始後は、読経や焼香を行い、およそ40分程度で閉式となります。

閉式後は親しい方のみで、「出棺」→「火葬」→「精進落とし(お食事)」→「収骨」と続き、その間およそ3時間程度となります。

最近は、通夜式と告別式を執り行わない「火葬式」や「直葬(ちょくそう)」と呼ばれる葬儀プランが行われることも増えているようですので、 各儀式への参列時には、必ずしも上記の日時で進むとは限らないため、喪主・遺族からの訃報をもとに向かうようにしましょう。

  • 火葬式(直葬)1日葬・・・告別式と火葬は1日ですみますが、ご臨終から24時間経過しないと火葬できないという法律があるため、亡くなってすぐに火葬をするということはありません。故人さまをご自宅か安置場にご安置する時間を含めると、最短で2日かかりますので、そちらを考慮して参列者の人数や日程を関係者にお知らせしましょう。
  • 自宅家族葬・家族葬・一般葬(通夜・告別式)・・・納棺を行い、弔問を受けての通夜を行い、翌日に葬儀・告別式という流れが一般的となっています。ご逝去のあと24時間経過しないと火葬できないという規則を考慮にいれて日程を調整し、関係者にお知らせしましょう。