葬儀 相場

日本消費者協会の葬儀についてのアンケート調査結果によると、全国葬儀費用の平均額はおよそ200万円近くかかっております。しかしながら葬儀費用の最低額は20万円、最高額では800万円かかったという報告もあります。

葬儀にかかる費用は3つです。

・葬儀一式費用・・・遺体のお迎え・遺体の搬送・通夜・葬儀式・告別式・火葬・骨上げと続く葬儀葬送をとり行うために必要な物や人、場所にかかる費用のこと

・寺院費用・・・読経料や戒名料などを指す。費用は寺社や教会により大きく異なるが、全国平均は51.4万円。読経や戒名が不要な場合はこの費用は発生しない

・接待飲食費用・・・料理や飲み物、会葬返礼品を指す。会葬者数や内容などにより金額が異なる

3点を合わせた合計額が「葬儀費用」になります。

※通常、葬儀社が出す見積書には「葬儀一式費用」のみ含まれており、他の「寺院費用」や「飲食接待費用」は含まれていない場合が多いです。また、品のグレードアップなどにより費用が高くなるケースもあります。葬儀社の見積書が葬儀費用の総額ではありませんので注意しておきましょう。

葬儀といっても式の費用は葬儀の形式、規模、地方の習慣などにより大きく差が出ますし、飲食代などについても葬儀に出席する人の数により費用も変わってきます。