市民葬

各自治体と葬儀社が提携して行われる葬儀プランのことで、
葬儀社へ普通に葬儀の依頼をするよりも費用が安くなることが主なメリットです。
ただし、どの自治体でもやっているわけではなく、
申し込み資格も存在するので利用できるかどうかの確認が必要です。 多くが公営の式場や公民館などの公共施設を利用しての葬儀となり、 区が行う場合には区民葬とも呼ばれます。
各自治体によってプランやサービス内容は異なっていますが、通夜・告別式を含めた一般的な葬儀を行うことができます。

一般的に葬儀を行う場合は、200万円弱の費用がかかるといわれており、家族葬など費用が抑えられる葬儀の場合でも、50万円以上は必要となります。これに対して市民葬は、各自治体によって費用は変わるものの、50万円以内で行うことができます。

ただし、葬儀プラン内容にはばらつきがあるため事前の確認はしましょう。
そして故人の住まう自治体か喪主側の自治体かにより内容や費用が異なることも考えられます。 追加費用がかかるケースもあるため、時間に猶予があればその点も比較するとよいでしょう。

しかし、市民葬の知名度はそれほど高くありませんが、費用や品質の面で良い葬儀選びに繋がる良い選択肢です。