一般葬

特に親族や親しい方のみに参列していただくような家族葬とも違い、親族とご近所の方や故人の会社の関係の方など、生前のおつきあいがあった方などに広く参列していただくお葬式を、一般葬とよんでいます。お呼びする方の範囲に制限はありません。

親しい方だけでお別れをする家族葬に比べてしきたりを重視して、参列者をおもてなしするご葬儀です。ご家族様にとって面識がない方も参列されますので、そうした方々に故人様に代わって感謝をお伝えする式でもあります。

一般葬のメリットは、故人様と生前にお付き合いがあった方の想いを尊重し、最期にお別れの言葉をかける場をご用意できることです。ご葬儀に参列されなかった方が後々、「ご焼香を上げさせてほしい」とご自宅を訪れ、その都度対応しなければならないといった負担を抑えられますし、参列された方々から伺う故人様との思い出を通じて、ご家族様もご存じない一面を垣間見ることができることもあります。デメリットは、家族葬に比べて参列者が増えるため、ご挨拶などに対応する時間が増え、ゆっくりと故人様を偲ぶことができない場合があります。