カトリック 葬儀

キリスト教にはカトリックとプロテスタントの2つがあり、同じ宗教ではありますが異なる考えを持っています。キリスト教には、もともと通夜というものはありません。基本的に厳密な決まりを守って執り行うものとなっていますが、 日本の事情や現代の事情に合わせて、アレンジした儀式が行われるケースもあります。

また、通夜や葬式の流れは宗派や教会によって異なります。

カトリックの葬儀では、聖歌または讃美歌(プロテスタントの場合)の斉唱、神父または牧師による聖書の朗読や説教、祈祷、仏式の焼香にあたる献花などが行われます。献花は、喪主→遺族→親族→参列者の順に行われ、祭壇に白い菊やカーネーションを捧げます。式を終えると、故人を偲んで簡単や会食や茶話会をするのが一般的です。

聖歌や讃美歌を歌ったり、聖書の一部を唱えたりすることがありますが、信者でなければ、聞いているだけでも構いません。始まる前に歌や祈りの一節などを印刷した紙が配られるので、できればそれを見ながら周囲に合わせ声を出しましょう。また、死は永遠の命の始まりであり、不幸な出来事ではないという考えなので、お悔やみは述べません。遺族には「お知らせいただき、ありがとうございます」「安らかな眠りをお祈りいたします」などとあいさつします。