葬式 お布施 相場

お布施は仏式の葬儀のときに必要になります。
大切な人の成仏を祈り、法要や読経など仏様の教えに対する感謝を込めて、僧侶を通して御本尊に供えるもの、というのがお布施の本来の意味です。
仏式の場合、僧侶に通夜、葬儀・告別式、初七日法要までの供養をお願いすることが多いです。葬儀にはお坊さんに来てもらい、読経をあげて供養します。

地域やお寺との関係、宗旨宗派によって異なりますので、お布施の金額をお坊さんに直接尋ねることも失礼なことではありませんが、実際にお布施をどれくらい包んだらいいのかと悩む場合も多くあるでしょう。

お布施の目安は、僧侶(1名)に通夜・告別式の2日間の読経を依頼する場合で、関東圏では、20万円~35万円、関西圏では、20万円前後。
およそ15万円~50万円といった範囲でお布施を包むことが多いようです。地域性やお寺との関係性もありますし、予算が限られているのであれば、お寺や僧侶を紹介してくれた葬儀社に相談するのがいいでしょう。