教会 葬儀

キリスト教にはカトリックとプロテスタントがあり、それぞれに葬儀の流れが異なります。

カトリックでは、葬儀と告別式を別で行います。故人は神に委ねられ、キリストの再臨と死者の復活が願われます。

プロテスタントでは、葬儀と告別式はわけずに行われます。故人は神のもとで安らかになるという思想があるため、祈りは神のために行われます。

キリスト教では香典の代わりに御花料を包みます。そして、祭壇には白い菊やカーネーションを捧げます。
献花も焼香や玉串奉奠と同じく作法があるため、ただ花を捧げればいいというわけではありません。

葬儀の場で着用する適した服装については男性であれば喪服、あるいはダークスーツ、女性は黒のスーツやアンサンブル、ワンピースなどです。

キリスト教式の大きな特徴である聖歌・賛美歌ですが、これは強制的に参加しなければいけないというものではありませんが、事前に歌や祈りの一節が書かれた紙が配られるため、なるべく参加するのが望ましいでしょう。

キリスト教では、永遠の命の始まりだとされていますので、亡くなったことは悲しいことですが、不幸なことではないという意識があります。 そのため、お悔みの言葉は不要ですが、「安らかな眠りをお祈りいたします」というように、故人の安寧を祈る形が一般的です。