葬式 費用

お葬式って、いったいどのくらいの費用がかかるものなのでしょうか?

葬儀にかかる費用は、一般には、「葬儀本体費用(葬儀一式費用)」+「寺院費用」+「飲食接待費用」に大別されます。この3つの合計額が実際にかかる「葬儀費用」と言われます。

葬儀会社の見積書は、通常は「葬儀本体(葬儀一式)費用」のみで、「寺院費用」や「飲食接待費用」等の費目は入っていないのがふつうです。ですので、葬儀会社の見積書は葬儀費用の総額ではありません。葬儀の基本セット料金と考えておきましょう。

また、葬儀は出費だけではありません。通夜・お葬式に会葬する人からはもちろん、会葬しない人からもいただくことのある「香典」は、葬儀における「収入」となります。香典には葬儀を営む喪家への慰労・支援の意味もあり、故人と直系親族であっても喪主や同居家族以外の人は持参するのが定法です。

葬儀を営む際には支出がある一方で収入もありますから、実質的に必要となる葬儀費用は、それら「出」と「入」の差し引きで案分すべきものです。